宮崎維新塾とは

55歳以下初当選の市町村議員で構成する宮崎維新塾は平成9年に結成され、外部講師を招いての定期的な勉強会や地域調査にもとずき、地域ニーズを顕在化し、それをもって各市町村議会の一般質問に臨む等の活動を続けています。
現在、塾生20名で、私が第3代塾長を務めています。本塾は現職議員のみならず“志”を同じくする方のオブザーバー参加も歓迎します。下記の活動内容等を参照の上、賛同できる方はお気軽にお問合せ下さい。

活動方針

現代は、明治維新・世界大戦期に次ぐ時代の転換期にあることを塾生各自が自覚し、地域福祉のためお互いの切磋琢磨により同志的結束を強めなければならない時である。
しかし昨今、塾生の活動意欲の低迷は否めず、新塾生の加入はあるものの組織強化が図られているとは言い難い。 そのため、塾生一人一人が構成員として役割があることの自覚を促すためにも17年度より実施している学習会における政策及び活動報告を継続する。
またその際、国、県の情報収集・交換のため、国会議員及び関係機関担当者との研修を実施する。
何より今年度は、維新塾発足当時の“初心”に立ち返り、“宮崎における新しい潮流を興す”という活動目標を具体化するために、塾生として更なる意識高揚を図らなければならない。

宮崎維新塾憲章

1.われわれはいかなる時代、いかなるところにあっても、己に甘えず、現状に流されず、常に高い理想と熱き情熱を持って、政治、経済社会を切り拓く為、結集した宮崎県下の心ある市町村若手議員によって構成される。
1.われわれは若き地域の代表者である。その誇りと自覚を持って、地域を変え、国を変革する尖兵である。しかも、われわれは真実と正義の為に生き、安易な妥協や不正と闘う勇気を堅持し、もって地域と国家の自由で公正な繁栄を期するものである。
2.われわれはこの国とこの地域を愛し、驕ることなく自らの心身を鍛錬して人格を高め、お互いの切磋琢磨により同志的結束を強め、しかも誰よりも学習し、実践力を高めて宮崎における新しい潮流を興し、輝かしい平成維新を成就せんとするものである。
3.われわれは現状に甘んぜず、自らの理想を実現する意欲的、実践的、創造的な集団である。より前進し、より高い目標へと挑戦する姿勢を失った者は、この集団から離脱する。目標を実現せんとする者には、全員一丸となって応援する。常にわれわれは高き山をめざす集団であり、個人であることを忘れてはならない。
4.われわれはこの道以外に己を生かす道なし。誰よりも他人を愛し、家族を愛し、われわれの子孫の為に、我が身を惜しまず決起し、青年の情熱と覇気を持って、新時代の夜明けに向かって勇往邁進することを誓う。